携帯からの各種お問合せ

-里親申込み-

里親申込みQ-R

-応援メッセージ-

応援メッセージQ-R

-お問合せ-

お問合せQ-R

ひまわりの育て方に関する問合せ先:

担当者:藤島康広

携帯電話:080-1690-0711

 

その他の問合せ先:

NPO法人チームふくしま

福島ひまわり里親プロジェクト事務局

〒960-8055

福島県福島市野田町6-7-8

ツインコートB103

TEL:024-563-7472

 

全国で採れた種の送り先:

〒969-1403

福島県二本松市渋川字大森越122

特定非営利活動法人和 内

TEL:0243-23-4551

 

福島県内で採れた種の送り先:

〒960-8055

福島県福島市野田町6-7-8

ツインコートB103

福島ひまわり里親プロジェクト事務局

TEL:024-563-7472

活動状況報告 | 福島ひまわり里親プロジェクト

2019年6月20日

■キッズハウスりんごっこ森合様へ”復興花”ひわまりの種寄贈

 

2019年6月19日(水)、福島市にある放課後児童クラブ

特定非営利活動法人キッズハウスりんごっこ森合様に、

全国の皆さまから届きましたひまわりの種を50袋寄贈させていただきました。

 

▲子どもたち32名と先生方にご参加いただきました^^

 

↑写真最前列の男の子が持ってくださっている

とても素敵なひまわりの容器は、

香川県の里親さんの香川県立香川丸亀養護学校様が送って下さったものです。

 

キッズハウスりんごっこ 理事長 渡辺 英司様は、

このひまわりの容器を子どもたちに見せながら、

 

「ひまわりが咲いたらこんな風になるよ~!」

「こんな風にきれいな花を咲かせられるように頑張りましょう」と伝えると、

 

子どもたちからは、

 

「「「はーーい!!!」」」

 

元気いっぱいのお返事が返ってきました^^

 

 

 

 

その後すぐ子どもたちが順番になって種まきをしてくださいました。

みんな真剣な表情です^^

 

 

 

大人気なたびくまくん^^

握手をしたり、追いかけっこをしたりみんなで楽しい時間を過ごさせていただきました。

「みんな仲良くしてくれてありがとくま~♫」byたびくま

 

 

子どもたちと同じように元気いっぱいなひまわり育ちますように願っております^^

 

キッズハウスりんごっこ様、

全国の里親さま、

ありがとうございます。

2019年6月18日

■南相馬市鹿島区上栃窪の皆様へ”復興花”ひわまりの種寄贈

 

2019年6月18日(火)、福島県南相馬市鹿島区上栃窪にて、

数十年前から花を咲かせる運動や緑化推進を行政区全体で行っている

上栃窪住民団体の皆さまに、ひまわりの種を4キロ寄贈させていただきました。

 

 

毎年時期によって、サルビア・コスモス・ひまわりなどを

地域の道路沿いや参道に植えていらっしゃるそうです。

 

▲以前サルビアの花で行った活動の写真を見せて頂きました^^

 

 

今回当プロジェクトの活動を知ってくださり、

ぜひ参加したいというご希望をいただき寄贈式を行わせていただきましたこと、

なお、今回の寄贈の件でお世話になりました鹿島区役所の皆さまへ

心から感謝申し上げます。

全国の里親さまの想いが詰まったひまわりが、

鹿島区地域の皆さまに沢山の笑顔を咲かせてくださることを願っております。

 

 

鹿島区上栃窪住民団体の皆さま、

鹿島区役所の皆さま、

全国の里親さま、

ありがとうございます。

2019年6月17日

■福島県青少年会館 様へ”復興花”ひわまりの種寄贈

2019年6月14日(金)、福島県青少年会館、

館長  鈴木  登三雄  様へ全国の皆さまから届きました

ひまわりの種を200袋(約2万粒)寄贈させていただきました。

 

▲(左)館長 鈴木登三雄様

 

福島県青少年会館様では当プロジェクトにご参加いただくのが3年目となり、

昨年のひまわりの様子などをお伺いしながら種まきも一緒に行わせていただきました。

 

 

本日は天候に恵まれ、日中気温29度ととてもお暑い中、

職員の皆さま12名で会館前グランド周辺に種をまいてくださいました。

 

 

 

昨年はあまり大きく育たなかったとのことで、

「今年は肥料をもう少しあげてみよう」

「種はもう少し浅くまいたほうがいいのでは」と、

皆さまでお話しながら作業し、今年こそは大きなひまわりを育てますと温かいお言葉を頂き、

とても嬉しく感謝の気持ちでいっぱいになりました^^

元気いっぱいの大きなひまわりに育ちますことを心から願っております。

 

 

福島県青少年会館様、

福島県青少年会館 館長 鈴木登三雄様、

全国の里親さま、

ありがとうございます。

2019年6月14日

■キッズハウスりんごっこ瀬ノ上様へ”復興花”ひわまりの種寄贈

 

2019年6月12日(水)、福島市にある放課後児童クラブ

特定非営利活動法人キッズハウスりんごっこ瀬ノ上様に、

全国の皆さまから届きましたひまわりの種を50袋寄贈させていただきました。

 

 

子どもたち総勢61名と先生方が寄贈式と種まきに参加してくださいました。

 

キッズハウスりんごっこ 理事長 渡辺 英司様は、

「昨年はたくさん種をまいたのに、1つしか花を咲かせられなかった。

今年はたくさん花を咲かせられるように子どもたちと頑張って育てたい。」と、

全国の里親さまのお気持ちを大切にしたいという想いで、力強く話してくださいました。

 

子どもたちからは、

「ぼくがんばってひまわりそだてるよ!」

「去年もひまわりうえたよ!」

「おうちでもひまわりうえるよ!」と、

元気がいい声がたくさん聞こえてきて、

素直な声に励まされとても嬉しい限りです。

 

 

 

夕方の西日が強く熱い時間の種まきで皆さま大変だったかと思いますが、

ご参加いただき本当にありがとうございました。

子どもたちのように元気いっぱいなひまわりがたくさん咲き誇りますように願っております。

 

 

 

キッズハウスりんごっこ様、

りんごっこ理事長 渡辺 英司 様、

ご参加いただきました生徒の皆さま、

全国の里親さま、

ありがとうございます。

2019年6月12日

■【初寄贈・過去最大規模700キロ】飯館村役場様へ”復興花”ひわまりの種寄贈

 

2019年6月11日(火)、福島県相馬郡の飯舘村役場にて、

全国の皆さまから届きましたひまわりの種を

飯舘村役場  村長   菅野 典雄 様に寄贈させていただきました。

 

 

▲飯舘村  村長  菅野典雄  様

 

 

今回、飯舘村様へのはじめての寄贈をさせていただきまして、

 

その量!

 

なんと!!

 

過去最大規模 約700キロ!!!

 

米袋で約50袋以上になりました!

 

▲飯舘村役場の皆さまにもお手伝いいただきました^^

 

これほどの大量の種を受け取ってくださいました飯舘村様、

一生懸命ひまわりを育て福島にお送り下さる里親さま、

1つ1つ丁寧に種を袋詰してくださる福祉作業所の利用者さま、

本当に本当にありがとうございます!!

当プロジェクトのスタッフ一同、

感謝感激の一言です。

 

 

この種は今後、飯舘村町内にて育てて下さるとのことです。

たくさんのひまわりが飯舘村様で咲き誇る姿は

まさに圧巻だろうなと今から心躍らせ、

町民皆さまにも満開の笑顔が咲くことを心から願っております。

 

▲飯舘村公式キャラクター「イイタネちゃん」

 

▲イイタネちゃんとたびくまくんの初コラボです^^

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

イイタネちゃんは、飯舘村とつながっている、

小さな小さなヒミツの姉妹都市「イイタネ村」で生まれた植物の妖精。

チャームポイントは、嬉しいときに頭の上に咲く大きなお花。

飯舘村のことが大好きで、村のみんなが楽しく暮らせるように、

空から「笑顔のタネ」「元気のタネ」「希望のタネ」をまいています。

イイタネちゃんとハーチョのイラスト

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

▲飯舘村HP「イイタネちゃんプロフィール」引用:http://www.vill.iitate.fukushima.jp/site/kanko/3763.html

 

また、飯館村様ではいいたて村道の駅「までい館」が2017年にオープンするなど、

1歩1歩着実に復興への歩みを進めておられます。

詳細はぜひHPでご覧ください^^

↓↓

飯舘村HP:http://www.vill.iitate.fukushima.jp/

 


 
▲2019年6月13日(木)福島民友掲載記事 
 
 
 

飯舘村役場様、

飯舘村  村長  菅野典雄  様、

福島民友新聞社様、
全国の里親さま、

ありがとうございます。

2019年6月11日

■【福島県内の取り組み】福島復興局の有志の皆様による種まき(福島市)

2019年5月31日(金)、福島復興局の有志の皆様が全国の里親さんから届きました、ひまわりの種まきをしてくださいました。
福島復興局様には、2018年11月26日に種を寄贈させていただいておりました。
↓↓↓その時の様子はコチラ↓↓↓
https://www.sunflower-fukushima.com/report/6118.html
 
水やりが途切れないようにと、発芽までは苗用のポットで栽培してくださるとのことです。
 
 

 

▲加松福島復興局長も種まきをしてくださいました。
 

▲発芽した後に植え替えるプランターもご準備してくださっています。
 
 
また、福島復興局の現地支所の富岡支所・浪江支所でも栽培してくださっています。
 

▲富岡支所
 

▲浪江支所
 
 
6月10日(月)に発芽したひまわりをプランターへ植え替えしてくださいました。
 
    
 
 
今年の夏にひまわりが咲くのが楽しみです。
 
 
福島復興局の有志の皆様、
全国の里親の皆様
ありがとうございます。

2019年6月7日

■放課後等デイサービスむすび様へ”復興花”ひわまりの種寄贈

2019年6月6日(木)、全国の里親さんから届きました、ひまわりの種100袋(約10,000粒)を福島市にある放課後等デイサービスむすび様へ寄贈させていただきました。
 

 
 
「たびくまとひまわりばたけ」の紙芝居のあと、子どもたちの元気いっぱいの「たびくまくーん」でたびくまくん登場!
すぐに子どもたちが近くまで来てくれました。
 

 

 
 
たびくまくんから子どもたちへ種が手渡されました。種が入っている容器は香川県の里親さんの香川県立香川丸亀養護学校様から送られてきたものです。
 

 
 
その後すぐに、駐車場にあるプランターへ種まきをしてくださいました。
また、たびくまくんとも握手をしたり、おにごっこをしたりと楽しい時間を過ごさせていただきました。
 

 

 
 
むすび様では、4月に少しだけ種植えをしてくださったようで、まだ6月ですが、すでに花が咲きそうなくらいまで成長しているひまわりがありました。
本日子どもたちが植えてくださったひまわりも同じようにすくすくと育つのが楽しみです。
 

 
 
放課後等デイサービスむすび様、
全国の里親さんの皆様、
ありがとうございます。

2019年5月31日

■川俣町役場 様へ”復興花”ひわまりの種寄贈

 

2019年5月31日(金)、川俣町役場にて

[川俣町町長]佐藤金正様と[川俣町教育委員会教育長]佐久間裕晴様に、

全国の里親さまから届いたひまわりの種を30袋(約3,000粒)を

生活介護事業所「ほっとライフ」の利用者さまから寄贈させていただきました。

 

▲(左から2番目) 佐藤金正町長様・  (右)佐久間裕晴教育長様

 

「ほっとライフ」様では、全国から届いたひまわりの種を袋づめなどを

お仕事の1つとして行っていただいております。

 

「ほっとライフ」管理者の阿部様は、

「利用者の方に自分たちが袋詰めした種がどんな風に使われているのか、

知ってもらう機会ができてうれしい」

 

佐藤町長様・佐久間教育長様は、

「いただいた種を小学校などに植えたり、

また川俣町役場の花壇に植えて、花が咲いたら写真を送りたい。

ぜひ利用者さんたちに喜んでもらえたら」と、

優しい笑顔で利用者さまにお声をかけて、強く握手を交わして下さいました。

利用者さまの嬉しそうな様子にとても心温まり、感謝の気持ちでいっぱいです。

 

 

 

川俣町では、

特産品に川俣シャモやかわまたシルクなどありますが、

今回佐藤町長様からご紹介いただいたのが、「かわまたアンスリウム」。

アンスリウムは華やかな色味やハート形の特徴的な葉を目にし、

とても綺麗な花をしています。41種類とたくさんの種類があるそうですよ。

 

国内で川俣産アンスリウムのPRを積極的におこなっていて、

2020年のオリンピック・パラリンピック公式フラワー採用される予定です。

 

なお、現在かわまたシルクをアンスリウムで染めた川俣シルクの展示会

「かわまたシルクとアンスリウム展」が4月27日~6月16日まで開催されているそうです。

ぜひお立ち寄りくださいませ^^ 詳しくはHPをご覧ください。

↓ ↓

川俣町HP:https://www.town.kawamata.lg.jp/site/kanko-event/kawamatasilkandanthurium.html

アンスリウムー復興庁:http://www.reconstruction.go.jp/topics/main-cat4/sub-cat4-1/material/20180427_4030_polyester-kumiai.pdf

 

 

 

▲コスキン・エン・ハポンも有名ですね^^

 

 

 

川俣町役場の皆さま、

川俣町町長  佐藤金正様、

川俣町教育委員会教育長  佐久間裕晴様、

全国の里親さま、

ありがとうございます。

2019年5月31日

■月電工業株式会社 様へ”復興花”ひわまりの種寄贈

 
2019年5月27日(月)、全国の里親さんから届きました、ひまわりの種30袋(約3,000粒)を福島市に本社がある月電工業株式会社の橋本さまへ寄贈させていただきました。
 
 

 
 
月電工業株式会社様は毎年種を受け取ってくださり、ひまわりを栽培してくださっています。
早速、寄贈した日に貴社の代表取締役会長 伊東純一様と種まきをしてくださいました。
 
 

▲左側:月電工業株式会社 代表取締役会長 伊藤純一様
▲右側:月電工業株式会社 執行役員 橋本慶光 様
 
 
月電工業株式会社様、
全国の里親さん
ありがとうございます。

2019年5月28日

■福島市役所 様へ”復興花”ひわまりの種寄贈

 

2019年5月27日(月)、

福島市役所にて全国の里親さまから届きました、ひまわりの種100袋(約1万粒)を

生活介護事業所「ほっとライフ」の利用者さまから、都市政策部公園緑地課課長 服部さまへ

寄贈させていただきました。

 

 

「ほっとライフ」様では、全国から届いたひまわりの種を袋づめなどを

お仕事の1つとして行っていただいております。

 

「ほっとライフ」管理者の阿部様は、

「利用者さんたちにとって、ひまわりのお仕事は楽しみであり、生きがいになっている。

ぜひ今度ともよろしくお願いします。」

 

都市政策部公園緑地課課長 服部様からは、

「毎年このひまわりの種を楽しみにしている方々がいる。

今年も福島市内の公園で咲かせたいと思っている。」

 

と、双方からありがたいお言葉をいただき、

当プロジェクトスタッフ一同、今後とも日々精進してまいりたいと思います。

 

 

▲天気もよく6階からの眺めは良好でした!

 

▲福島市役所前にて記念撮影^^

▲利用者さん達の笑顔がとても素敵でした!

 

生活介護事業所「ほっとライフ」HP:http://www.tsudoi.or.jp/?page_id=179

 

 

福島市では、

来週6月1日・2日に「東北絆まつり」が開催されます。

お時間がある方はぜひ足を運んでみてください^^

東北絆まつりHP:http://tohoku-kizunamatsuri.jp/

福島市HP:http://www.city.fukushima.fukushima.jp/kanko/index.html

 

 

▲2019年6月5日 福島民報掲載記事

 

福島市役所様、

都市政策部公園緑地課課長  服部様、

生活介護事業所ほっとライフ様、

福島民報社様、

全国の里親さま、

 

ありがとうございます。

 

1 2 3 4 5 6 33