携帯からの各種お問合せ

-里親申込み-

里親申込みQ-R

-応援メッセージ-

応援メッセージQ-R

-お問合せ-

お問合せQ-R

福島ひまわり里親プロジェクト

〒962-0052

福島県須賀川市西川字坂ノ下113

ひまわり里親プロジェクト事務局

 

種・ひまわりに関する問合せ先:

担当者:藤島康広

携帯電話:080-1690-0711

 

マスメディアさまからの問合せ先:

担当者:広報課

電話番号:024-563-7472

里親さんからの声 | 福島ひまわり里親プロジェクト

2011年6月30日

■里親 Shigeki_Hさま(岡山県)■

【応援メッセージ】
 5月に岡山県倉敷市の玉島商業高校体育館で開催された
『わくわく倉敷発!東日本大震災志縁(しえん)チャリティーイベント!』に参加して、このプロジェクトを知りました。
3日前に蒔き時を逃す前にと慌てて種を蒔いたばかりですが、無事に福島へ送り届けられるよう頑張って育てます。(^_^)

成長の様子はこちらで報告しています。 →  http://www.facebook.com/Hiramatsu.Nichiten

2011年6月28日

■里親 植木屋本舗 オヤカタどん・ミッポさま(佐賀県)■

【応援メッセージ】
 母からこのプロジェクトの事を聞き、とても素晴らしい取組みだと感じ、
参加させていただくことにしました。
今回の災害の復興活動の為に 私たちも植木屋という自然に携わる仕事をする者が
お手伝いが出来ないか、探していました。
私たちの管理畑「come tree field」の方に種を植えて大切に育て、福島に種を届けたいと思います!

2011年6月27日

■里親 まあちゃんさま(徳島県)■

【応援メッセージ】
 腰塚勇人さんのブログでこのプロジェクトを知りました。
遠く徳島からですが、祈りを込めてひまわりを育てて、福島へ届けます☆

2011年6月24日

■里親 ゆきさま(東京都)■

【応援メッセージ】
 ひまわり沢山咲かせたいですね。大好きな福島に元気を取り戻してもらいたい。
ひまわりはきっと素晴らしい力を発揮してくれると思います。
ここ二ヶ月ほど東京で微力ながら、バイオマスプラント会社と放射性物質を含むひまわりの処理について
検討会議を開いております。
何とかして、「土壌改良→エネルギー創出→雇用確保→新たな産業の育成→福島の復活」を
Totalで考えていくプロジェクトが出来ないものかと思って試行錯誤しております。
いつか美しい福島を皆さんと一緒に取り戻したいと思っています。頑張ります!!

2011年6月24日

■里親 さとマンさま(群馬県)■

【応援メッセージ】
 本日、到着いたしました。早速、夫婦してまず、庭の草むしり(笑)から始め場所確保しました。

ひまわりの成長、楽しみです。
その模様は私の私的ブログで随時更新していきます。
『さとマンと素敵な仲間たち』お暇ありましたら、ご覧ください。

さて、復興へ向けまだまだ予断を許さない状況。
私の仲間も川俣町におり、とても心配しています。

少しでも環境が改善し、少しでも今までの生活に近づけますよう・・
祈念いたします。

私たちも・・
今出来ること、一つ、何か一つ。

《がんばろう!福島!》

2011年6月24日

■里親 MFCさま(静岡県)■

【応援メッセージ】
伊豆の最南端から復興を応援しています。本日、発芽も確認しました。会員、体験農園に定植し、
この種と一緒に地元のひまわりの種や菜の花の種もお送りしたいと考えています。がんばろう!日本!

※福島ひまわり里親プロジェクトのひまわり以外のひまわりのタネ及びひまわり以外のタネの受付は
いまのところ予定しておりません。今後別の受付窓口を用意させていただくかどうか検討中です。
詳細は決まり次第ホームページ上で公表させていただきます。

2011年6月23日

■里親 坂東の星さま(茨城県)■

【応援メッセージ】
 種をまいて1週間♪順調に成長しています!今年の秋にはたくさんの種を福島に届けたいと思います!!

2011年6月22日

■里親 パチャママさま(埼玉県)■

【応援メッセージ】
 早速に種20セットをお送りいただきありがとうございました。
その日は、埼玉県小川町で食農体験のイベントで「田植え」をしました。
緊張しましたが、パネルを手に「福島ひまわり里親プロジェクト」の思いを皆様にお話ししたところ、
たくさんのご賛同をいただき、種は関東各地で今植えられていると思います。
 『福島にこの種を植えに行く時は、手伝いに行くよ! 是非、声を掛けて』と伝言も頼まれました。
いつも心に思っています。

2011年6月22日

■里親 pecanpowerさま(神奈川県)■

【応援メッセージ】
 首都圏へ大切な電力を送っている原発を抱えた福島県民の皆さんには感謝していますと同時に
このたびの事故による影響で大きな被害を受けられている方々を思うと心が痛みます。
ひまわりは福島の再生・復興のシンボルとして大切に育ててこのプロジェクトの輪を広げるお手伝いをしたいと思います。
このプロジェクトの精神には200%賛同します!!

2011年6月22日

■里親 ぴんたろうさま(静岡県)■

【応援メッセージ】
 本当に素敵なプロジェクトですね☆
自分が育てたひまわりが来年福島の農地でたくさんの花を咲かせてくれることを願っています。
芽が出てくれて、とても嬉しいです!