携帯からの各種お問合せ

-里親申込み-

里親申込みQ-R

-応援メッセージ-

応援メッセージQ-R

-お問合せ-

お問合せQ-R

福島ひまわり里親プロジェクト

〒962-0052

福島県須賀川市西川字坂ノ下113

ひまわり里親プロジェクト事務局

 

種・ひまわりに関する問合せ先:

担当者:藤島康広

携帯電話:080-1690-0711

 

マスメディアさまからの問合せ先:

担当者:広報課

電話番号:024-563-7472

活動状況報告 | 福島ひまわり里親プロジェクト

2016年7月4日

■お知らせ:「きずなの種セット」残り150セット販売

「きずなの種セット」¥500は完売となりましたが、ご好評につき、限定400セットの追加販売をいたしました。
 
残り150セットとなりました。なくなり次第販売終了となります。
 
予めご了承くださいますようお願いいたします。
 

 

①ひまわりの種つき
 グリーティングカード
※1セットキャラクター1種類
【おすすめNo.1人気商品】
1,000円 goods ・きずなの種0.5g
(5粒程度)
・グリーティングカード
(1種類)
・オリジナル便箋
・封筒
・説明書
・振込先案内用紙
②”きずな”の種と絵本のセット 1,200円 ひまわり絵本表紙 ・ひまわり絵本1冊
・きずなの種1g
(10粒程度)
・フラワータグ
・オリジナル封筒
(種送付用)
・説明書
・振込先案内用紙
③”きずな”の種セット
  【限定400セット】※残り150セット
500円 商品 012 ・きずなの種5g
(50粒程度)
・フラワータグ
・説明書
・振込先案内用紙
※なくなり次第販売終了。

 

▼ホームページからのお申し込みはこちらから

banner-application

 

▼FAXでのお申し込みはこちらから(pdfデータ)

20150303_zenkoku_mosikomi20150303kennai_mosikomi

 

 

 

 

 

2016年6月1日

■【映像配信】ひまわり甲子園2016全国大会 発表

福島に、ひまわり甲子園においでになれなかった里親様、福島の皆様へ
「ひまわり甲子園2016選考会・全国大会」発表映像を配信させていただきます!

 
 
プロジェクトの活動を楽しく、継続して行う工夫を施した参考になる取り組みばかりです。
各地方、福島県を代表し発表くださった団体の素晴らしい取り組みをぜひご覧くださいませ。

 

>>>選考会・全国大会の御礼&当日の模様
 
 
【祝辞】福島市長 小林香 様  
    福島県総務部 風評・風化対策監(兼)知事公室長 野地誠 様

 

 
 
 

【1福島県代表】 いわき市立湯本第一小学校 大和田 紗希
 

 
 
 

【1福島県代表】 いわき市立湯本第一小学校 大和田 紗希 スライドバージョン
 

 
 
 

【2茨城県代表】 鉾田市立旭南小学校
 

 
 
 

【3九州・沖縄代表】 福岡県立西田川高等学校
 

 
 
 

【4中国・四国代表】 広島修道大学Rapport(ラポール)
 

 
 
 

【4.5関西代表】 松阪市立阿坂小学校(三重県)
 

 
 
 

【5中国・四国代表】 晴れの国発!福島ひまわり里親プロジェクト(岡山県)
 

 
 
 

【6福島県代表】 みんなのひまわり
 

 
 
 

【7関東代表】 がんばれ福島・そうさ応援団(千葉県)
 

 
 
 

2016年4月28日

■5/28長野県長野市にて講演会開催!

koenkai
今年も、長野県で里親さんの主催のプロジェクト講演会が開催されます。
高校生以下は無料となっていますので、生徒、児童の皆さまもぜひご参加くださいませ。

11241800_716123271863421_4424238220751988204_n

 
 
イベント詳細
 
【5年前に立ち返る「その時、何が起きたのか?」】
・・・あの日から5年、「チームふくしま」の二人が、その時を語ります。
 
■講師 チームふくしま理事 半田真仁・吉成洋拍
   (小学生理事 大和田紗希・・映像出演)
 
■日時 2016年5月28日(土)
 開場 18:30~ / 開演 19:00~
 
■場所 長野市東部文化ホール
 
■料金 一般 2,000円(当日2,500円)
    高校生以下 無料
 
■お問い合わせ・お申込み(※事前お申し込みが必要です)
090-1402-4843 山田雅彦
 
主催:ひまわり甲子園実行委員会
 
 

2016年4月18日

■熊本地震への寄付金の募集について

 
2016年4月14日午後9時26分頃、九州地方を震源とするマグニチュード6.4の地震が発生しました。熊本県益城町では震度7の強い揺れを観測し、その後も大きな余震が続き、甚大な被害が出ています。
 
 
熊本県には全国の里親さんと同じように、プロジェクトを応援してくださっている里親さんがいらっしゃいます。そしてそのご家族、大切な方がたくさんいらっしゃいます。
 
熊本県のこのたびの大きな地震に於きまして
福島ひまわり里親プロジェクトでは寄付金を募集させていただきます。
 
 

※プロジェクトでの寄付金の使い道をご報告させていただきます。
 
1.43拠点ある福島ひまわり里親プロジェクトに実際に関わってくださり福島3・11をご支援いただいた皆様のみに
基本的にご連絡、お届けさせていただいています。
 
2.第一弾で、震度別[遅延の恐れがある場所はお水、スムーズに届く場合はプロジェクトのきっかけになりましたお菓子]
で分けさせていただき、実際のニーズをお聞きするお手紙と一緒にお届けさせていただきました。
 
3.今後里親様のニーズに合わせてそのまま直接現金をお渡しさせていただきます。(ニーズが変化すると思われますので)
 
4.里親様のニーズがない場合は実際に、他県の里親様[医療関係者]が熊本県入りされますのでこちらに直接お渡しさせていただき熊本のニーズのある方に直接お渡しさせていただきます。
 

5.【未来】熊本で、観光やひまわり甲子園で里親様や福島好きの皆様と一緒に温泉ツアーにいけたらと考えています。

 
共感されました方はご協力のほどよろしくお願いします。
 
NPO法人チームふくしま 一同

 
 

熊本県の里親様よりメールをいただきました。ご無事でよかったです。
 

2016/04/21 (木) 16:27
 
Y(の母)です。幸いケガもなく無事で自宅で水道の復旧を待っている状態です(我が家は良いほうです)。
一度、種を購入しただけの私たち家族にまで、心配りしてくださってありがとうございます。
◎問題は、救援物資のマッチングとか 避難所の運営とか 車中生活者の健康とか 色々あるようです。  
東北の方にしていただくことで今後一番助かることは何でしょう・・・正解はわかりません。
東日本の時の経験を生かせる専門スタッフの方の派遣を、段階に応じてしていただくことなのかな?
余震がおさまっていって、水・電気・ガスのライフラインが復旧すると次にすすめるのですが、しばらくは耐えるしかありません。
東北のかたが東日本大震災の時に見せてくださった姿が、既に支えになっているんじゃないかなと思います。
全国からの救援車をみかける度に感謝の気持ちになります。
今日は雨・・・余震もまだまだ・・・被害の広がりが少ないことを願います  
自然災害だけれどやるせない気持ちになりますね。
 
近所の方々や友達と「もうちょっと頑張ろうね」と言い合って乗り切っていきます!

 
【寄付金のお振込み先】
 
■ゆうちょ銀行
  記号18270 番号1345411
 
 ※他金融機関からのお振込み
【店名】八二八(ハチニハチ) 普通 0134541
 
■東邦銀行 西福島支店
 普通 473144
 
「福島から応援する会」

 
 
 
<寄付金に関するお問い合わせ>
http://www.sunflower-fukushima.com/contact
 
 
このたびの熊本県熊本地方での地震によりお亡くなりになられた方々の
ご冥福をお祈りいたします。
被災された方々に心よりお見舞い申し上げます。
 
福島ひまわり里親プロジェクトを通して、できる事。
福島からできる恩返し。
熊本県の皆さまのチカラになれればと考えています。
日本全国のひまわりに込められた思いやりを、熊本へ。
 

IMG_6271

NPO法人チームふくしま
福島ひまわり里親プロジェクト事務局

2016年3月12日

■【映像配信】ひまわり甲子園2016選考会 発表

福島に、ひまわり甲子園においでになれなかった里親様、福島の皆様へ
「ひまわり甲子園2016選考会・全国大会」発表映像を配信させていただきます!

 
 
プロジェクトの活動を楽しく、継続して行う工夫を施した参考になる取り組みばかりです。
各地方、福島県を代表し発表くださった団体の素晴らしい取り組みをぜひご覧くださいませ。
 
>>>選考会・全国大会の御礼&当日の模様
 
 

【予選 発表1中国・四国代表】 晴れの国発!福島ひまわり里親プロジェクト(岡山県)
 

 
 
 

【予選 発表2関西代表】 宇治市立広野中学校(京都府)
 

 
 
 

【予選 発表3九州・沖縄代表】 佐世保市立清水中学校(長崎県)
 

 
 
 

【予選 発表4関西代表】 松阪市立中部中学校(三重県)
 

 
 
 

2016年3月11日

■2016年度 復興花ひまわりの種発売のご案内3.11より

今年もたくさんの応援の声、ありがとうございます!

 
2016年度も、復興花ひまわりの種を3.11より販売させていただきます。
 

全ての商品の製造が、福島県二本松市の障がい者通所施設である

「NPO法人和」の利用者さんのお仕事となっています。

 

①”きずな”の種セット 500円 商品 012 ・きずなの種5g
(50粒程度)
・フラワータグ
・説明書
・振込先案内用紙
②”きずな”の種と絵本のセット 1,200円 ひまわり絵本表紙 ・ひまわり絵本1冊
・きずなの種1g
(10粒程度)
・フラワータグ
・オリジナル封筒
(種送付用)
・説明書
・振込先案内用紙
③ひまわりの種つき
 グリーティングカード
※1セットキャラクター1種類
1,000円 goods ・きずなの種0.5g
(5粒程度)
・グリーティングカード
(1種類)
・オリジナル便箋
・封筒
・説明書
・振込先案内用紙
※数に限りがあります。なくなり次第販売終了。

 

▼ホームページからのお申し込みはこちらから

banner-application

 

▼FAXでのお申し込みはこちらから(pdfデータ)

20150303_zenkoku_mosikomi20150303kennai_mosikomi

 

 

 

 

 

2016年3月1日

■ひまわり甲子園2016全国大会 御礼&当日の模様

12771804_988570347889324_2409956227151422223_o
 
c815b05865a300c4d5d5d6c89dbfa060
 
 
「ひまわり甲子園2016全国大会」もおかげさまで無事に開催させていただくことができ、今年で4回目を迎えることが出来ました。
 福島ひまわり里親プロジェクトに関わってくださるすべての皆様、ひまわり甲子園2016全国大会に関わってくださいましたすべての皆様へ厚く御礼申し上げます。
 
 
今年は、前日に「選考会・分科会」を開催し、各地方4団体の全国大会出場を賭けた熱戦と交流会が行われました。
全国大会では、福島県と全国の交流事例、各地方大会の代表者、前日の選考会から選出された代表者の計8団体が感動の物語を発表。
2日間で全国各地から約600名がご来場くださいました。
 
 

今大会で紡がれた物語は、あの震災があった「せいで」ではなく、あったから「こそ」生まれた未来に残したい物語ばかりでした。そして、この甲子園をきっかけに、全国と福島の”きずな”を深め新たな感動物語の種蒔きにもつながりました。
 
 
2015年度は、全国5ヶ所で「ひまわり甲子園地方大会」が開催され参加者同士の交流が生まれました。ひまわりをきっかけに生まれた新たなネットワークは絆となり、防災への意識をより強く育んでいます。
 
 

小さな小さなひまわりの種は、福島の想いと共に全国へ届けられ、里親の皆様のもとで花を咲かせます。そして、多くの人の手を経て、秋には全国の里親の方達の想いを携えて、再び福島へ戻ってきてくれます。
 
遠く離れた地へ想いを馳せる喜び、遠くから寄せられる想いに触れる喜び、この小さな種は、そんな喜びを教えてくれるかのようです。
 
今年もまた、ひまわりを通じて、皆様と新しい物語を紡いで、そして、福島と全国の皆様とのつながりをより深めていくことができますように。皆様のますますのご活躍をお祈り申し上げ、御礼といたします。
 
 

NPO法人チームふくしま
福島ひまわり里親プロジェクト事務局 一同

 
 
yosen

■20日選考会の様子
 

 
 

zenkoku
 
 
■当日配布パンフレット:ひまわり新聞第9号(PDF)
ひまわり新聞9号 PDF_01
 
 
<発表団体紹介>
ひまわり新聞9号 PDF_02
 
 
<当日スケジュール・式次第>
2016甲子園 式次第2
 
 

■21日全国大会の様子
 
 

2016年2月20日

■福島県知事 表敬訪問「ひまわり甲子園2016全国大会」開催PR

2月19日(金)「ひまわり甲子園2016全国大会」開催PRに、
福島県 内堀雅雄知事へ表敬訪問をさせていただきました。
 
 

表敬訪問では、
チームふくしま最年少理事 大和田 紗希
ガールスカウト福島県連盟 伊藤 優理
が出席し、内堀理事へプロジェクト活動や[ひまわり甲子園2016全国大会」をPRさせていただきました。

 
 
IMG_9755 - コピー
 
 

▼TV放送(キビタン県政トピックス)
 

 
2016年2月20日(土)福島テレビ

2016年2月12日

■ひまわり甲子園2016予選会『復興講話』のご案内

2月20日(土)のひまわり甲子園2016予選会・分科会は、
 
全国大会出場団体が決定する熱いプレゼン発表のほか
 
ラジオ福島で人気の山地美紗子アナウンサーによる
 
福島の魅力満載の『復興講話』も開催いたします。
 
講話時間:15:00~16:00
 
 

▼ラジオ福島・山地美紗子アナウンサー
yamaji
http://www.rfc.jp/sp/announcer/yamaji.html
 
山地アナウンサーは、ひまわり里親プロジェクトテーマソングであり、
福島県教育委員会道徳副読本の題材になりました歌『ひまわり』を日本で最初にラジオ番組で発信してくださった陰の功労者の方です。
 
 
全国大会へご参加いただける方も、ご参加出来ない方でも
20日土曜日は予選会会場(ポリテクセンター福島)へ
ぜひ足をお運びくださいませ。
 
 

ひまわり甲子園2016 予選会
 

開催日時 2016年2月20日(日)
13:00開演~19:00終演予定
※17:00~19:00迄 交流会を予定
開催会場 ポリテクセンター福島 イベントホール
〒960-8054 福島県福島市三河北町7-14 024-534-3637
発表団体 京都府 宇治市立広野中学校
長崎県 佐世保市立清水中学校
三重県 松坂市立中部中学校
岡山県 晴れの国発!福島ひまわり里親プロジェクト
参加定員 200名
交流会参加費 一般 2,000円 / 大学生以下無料

 l

<予選会タイムスケジュール>

時 間 進 行
12:30~13:00 受付開始
13:00~13:10 開会式
13:10~14:25 予選発表4団体
14:25~14:35 合唱「ひまわり」
14:35~15:00 投票・休憩
15:00~16:00 復興講話 (ラジオ福島 山地アナウンサー)
16:00~17:05 ひまわり甲子園2016 全国大会リハーサル
※ご希望の方は自由にご覧いただけます
17:05~17:20 結果発表・閉会式
17:30~18:30 食事交流会 ※軽食つき

▼ひまわりの歌

2016年2月4日

■福島ひまわり里親プロジェクト「ロゴマーク」優秀作品発表

2015年7月より、福島ひまわり里親プロジェクト「ロゴマーク」の募集をさせていただきました。
 
応募総数676件が寄せられ、日本全国・海外とたくさんの方よりご応募いただきました。
 
 
厳正なる選考の結果、
 
優秀作品は宇治市立広野中学校2年生(京都府)の作品に決定いたしました!
 
 

■優秀作品 宇治市立広野中学校 2年生(京都府)
doc07176320160202090839_02
 
 

優秀作品は、ホームページや印刷物などで皆様に親しまれるロゴマークとして
 
使用させていただきます。
 
 
 
どの作品も福島を我が事のように考え、今後の復興・プロジェクトの繁栄を願い
 
応募者様の温かな想いが込められたものばかりでした。
 
お送りくださいました皆様へ、心より感謝申し上げます。
 
今後とも福島ひまわり里親プロジェクトをよろしくお願い申し上げます。
 
 
 
 
 
<注意事項>
応募作品は全て未発表作品で,第三者の著作権,商標権等の権利を侵害しないものに限ります。
応募作品は返却いたしません。
採用作品の著作権,商標権及び一切の権利は福島ひまわり里親プロジェクトに譲渡するものとします。
採用作品の一部を修正・アレンジ・変更・転用して利用する場合があります。
採用作品の応募者の氏名は公表いたします。
応募者の個人情報は,選考事務に必要な範囲でのみ使用し,他には一切流用しません。
 
 
 
<問い合わせ先>
福島ひまわり里親プロジェクト ふくしま事務局
〒960-8055 福島県福島市野田町6-7-8 ツインコートB103 福島ひまわり里親プロジェクト事務局
電話:024-563-7472
メール:info@sunflower-fukushima.com