携帯からの各種お問合せ

-里親申込み-

里親申込みQ-R

-応援メッセージ-

応援メッセージQ-R

-お問合せ-

お問合せQ-R

福島ひまわり里親プロジェクト

〒962-0052

福島県須賀川市西川字坂ノ下113

ひまわり里親プロジェクト事務局

 

種・ひまわりに関する問合せ先:

担当者:藤島康広

携帯電話:080-1690-0711

 

マスメディアさまからの問合せ先:

担当者:広報課

電話番号:024-563-7472

活動状況報告 | 福島ひまわり里親プロジェクト

2016年8月26日

■福祉作業所「和」さまでのひまわり撮影映像公開!

 
ひまわりの種の袋詰めやグッズ作成などをお仕事として行ってくださっている、福島県二本松市にある福祉作業所「和(なごみ)」さまで、ひまわりが満開に咲き誇りました!
その満開のひまわりを撮影させていただきました。
 
「和(なごみ)」さまはふくしま未来研究会さま、KIBOWさまに支援頂いたお礼で、この映像を作成させていただきました。
ぜひご覧くださいませ。
 
 
2016 なごみ ひまわり
 


 
 

2016年8月19日

■ひまわりウェディング2016 開催!!

こんにちは。
福島ひまわり里親プロジェクト事務局です。

8月15日、福島県田村市大越町で行われた「ひまわりウェディング」で、浦本さんご夫妻、遠藤さんご夫妻が挙式されました。
 
 

o0800060013724663278
 
 
 

o0800053313724663704
 
 
 

o0288037113724663466

 
 
大越町牧野ひまわり会様が実施している、ひまわりフェスティバルの一環。今年で4回目の取り組みです。
 
式を挙げられた浦本さん、遠藤さん両ご夫妻は、5月3日に行われた種まきにも参加してくださいました。
この日の会場を囲む、3万本のひまわり畑は、両夫妻と大越町牧野地区の皆さんで、種まきから行いました。
 
 
 

o0800053313724663469
 
 
 

結婚式は、今年も村に伝わる伝統的な挙式方法を交えながら開催となりました。長持唄に乗せながら、新郎新婦の入場。
長持は、チームふくしまのメンバーを中心に勤めさせていただきました。
 
 
 

o0800053313724663467
 
 

結婚式の仲人、「ご指南様」は今年も、大越町牧野ひまわり会の会長の佐久間様とその奥様が行ってくださいました。
結婚生活へ、温かいエールを送ってくださいました。
 
 
 

o0800053313724663468
 
 

ひまわり結婚式1回目に挙式された石山さんご夫妻、2回目に挙式された石井さんご夫妻も今回の結婚式に駆けつけてくださり、お祝いの言葉と乾杯の挨拶をしてくださいました。
 
 
 

o0800053313724663703
 
 
 

o0800053313724663702
 
 

乾杯後、浦本さんご夫妻、遠藤さんご夫妻が誓いの言葉、誓いのキスを交わしました。
 
 

o0800053313724663705
 
 
 

そして、2組のお祝いのために、シンガーソングライターのhacto(はくと)さんが駆けつけてくださいました。
hactoさんは、鳥取県鳥取市出身で埼玉県在住のシンガーソングライターです。
2011年に発生した東日本大震災後、毎月福島県相馬市に通って歌を届け続けています。
今回はウェディングソングで2組を祝福してくださいました。
 
 
 

o0800053313724664268
 
 
 

hoctoさんの歌声を聞いた後に、幸せのおすそわけ。
ひまわりを使ったブーケトスが行われました。
 
 
 

o0800053313724664267

 
 
 

o0800053313724664266

 
 
 

o0800053313724664592
 
 
 

その後、二組のご家族もステージに登壇し、お祝いの言葉を述べてくださいました。
 
 
 

o0800053313724664591
 
 
 

o0800053313724664593
 
 
 

o0800053313724664594
 
 
 

o0800053313724668080
 
 
 

そのあとに、皆さんで集合写真を撮りました。
 
 
 

himawari_497A3070
 
 

最後は、参加者の皆さまからお祝いの言葉のシャワーをかけてもらいながら退場。感動の式となりました。
 
 

o0800053313724669731

 
 
結婚式中、バックコーラスとして、5月3日の種まき式でも歌声を披露してくださった、ボーカルコーラスグループ「Breathing BUDS(ブリージング・バッズ)」の皆さんが素晴らしい歌声を響かせてくれました。
 
 

o0960072013724793937

 
 
今回の会では、福島大学の学生ボランティアグループ「Key’s」、福島大学災害ボランティアセンターの方々、チームふくしまのインターン生が準備、運営を手伝ってくださいました。

 
 
 

o0800060013724663277
 
 
 

o0404029613724799626

 
 
 

o0304025113724799625
 
 
 

式の終わりは、全長95メートルにもなる巨大流しそうめんが登場。
二組の幸せが末永く続きますようにと願いが込められていました。
 
 
 

o0800053313724669733
 
 
 

o0800053313724669732

 
 
今回のひまわりウェディング中では、ドローンを飛ばし、映像を撮影させていただきました。
 
大越2016 Sunflower Festival
 


 
 
 
浦本さんご夫妻、遠藤さんご夫妻、
ご結婚おめでとうございます。
大越町牧野ひまわり会様、hacto(はくと)様、Breathing BUDS(ブリージング・バッズ)の皆さま、福島大学の学生の皆さま、インターン生の皆さま、ご参列くださった皆さま、ありがとうございます。
 
 
 
 
 

※関連ブログ
5月3日 種まき式  コチラから
6月5日 苗植え式   コチラから

2016年7月19日

■ひまわりウェディング 一般参加者募集

 
全国の皆さんから届いた”きずな”のひまわり畑のなかで、福島県内のカップルが挙式する「ひまわりウェディング」を
今年も8月15日に開催いたします!
当日はどなたでもご参加いただけます。
会場にぜひお越しくださいませ。
 
 
 
イベント詳細
 
 
「ひまわりウェディング&ひまわりフェスティバル」
■日時:2016年8月15日(月)
フェスティバル 14:30~
ウェディング 15:00~15:45
 
■場所:愛宕山つつじ公園(福島県田村市大越町牧野字西ノ内46)
 
■内容:ひまわりウェディング、流しそうめんなど
 
 
 
o0690017313695520777
 
 
 
▶昨年のひまわりウェディングの様子はこちら
 
 
 

■お問い合せ

福島ひまわり里親プロジェクト事務局
TEL:024-563-7472 
Mail:info@sunflower-fukushima.com
 
 
o0420028013695520776

2016年7月4日

■お知らせ:「きずなの種セット」残り150セット販売

「きずなの種セット」¥500は完売となりましたが、ご好評につき、限定400セットの追加販売をいたしました。
 
残り150セットとなりました。なくなり次第販売終了となります。
 
予めご了承くださいますようお願いいたします。
 

 

①ひまわりの種つき
 グリーティングカード
※1セットキャラクター1種類
【おすすめNo.1人気商品】
1,000円 goods ・きずなの種0.5g
(5粒程度)
・グリーティングカード
(1種類)
・オリジナル便箋
・封筒
・説明書
・振込先案内用紙
②”きずな”の種と絵本のセット 1,200円 ひまわり絵本表紙 ・ひまわり絵本1冊
・きずなの種1g
(10粒程度)
・フラワータグ
・オリジナル封筒
(種送付用)
・説明書
・振込先案内用紙
③”きずな”の種セット
  【限定400セット】※残り150セット
500円 商品 012 ・きずなの種5g
(50粒程度)
・フラワータグ
・説明書
・振込先案内用紙
※なくなり次第販売終了。

 

▼ホームページからのお申し込みはこちらから

banner-application

 

▼FAXでのお申し込みはこちらから(pdfデータ)

20150303_zenkoku_mosikomi20150303kennai_mosikomi

 

 

 

 

 

2016年6月1日

■【映像配信】ひまわり甲子園2016全国大会 発表

福島に、ひまわり甲子園においでになれなかった里親様、福島の皆様へ
「ひまわり甲子園2016選考会・全国大会」発表映像を配信させていただきます!

 
 
プロジェクトの活動を楽しく、継続して行う工夫を施した参考になる取り組みばかりです。
各地方、福島県を代表し発表くださった団体の素晴らしい取り組みをぜひご覧くださいませ。

 

>>>選考会・全国大会の御礼&当日の模様
 
 
【祝辞】福島市長 小林香 様  
    福島県総務部 風評・風化対策監(兼)知事公室長 野地誠 様

 

 
 
 

【1福島県代表】 いわき市立湯本第一小学校 大和田 紗希
 

 
 
 

【1福島県代表】 いわき市立湯本第一小学校 大和田 紗希 スライドバージョン
 

 
 
 

【2茨城県代表】 鉾田市立旭南小学校
 

 
 
 

【3九州・沖縄代表】 福岡県立西田川高等学校
 

 
 
 

【4中国・四国代表】 広島修道大学Rapport(ラポール)
 

 
 
 

【4.5関西代表】 松阪市立阿坂小学校(三重県)
 

 
 
 

【5中国・四国代表】 晴れの国発!福島ひまわり里親プロジェクト(岡山県)
 

 
 
 

【6福島県代表】 みんなのひまわり
 

 
 
 

【7関東代表】 がんばれ福島・そうさ応援団(千葉県)
 

 
 
 

2016年4月28日

■5/28長野県長野市にて講演会開催!

koenkai
今年も、長野県で里親さんの主催のプロジェクト講演会が開催されます。
高校生以下は無料となっていますので、生徒、児童の皆さまもぜひご参加くださいませ。

11241800_716123271863421_4424238220751988204_n

 
 
イベント詳細
 
【5年前に立ち返る「その時、何が起きたのか?」】
・・・あの日から5年、「チームふくしま」の二人が、その時を語ります。
 
■講師 チームふくしま理事 半田真仁・吉成洋拍
   (小学生理事 大和田紗希・・映像出演)
 
■日時 2016年5月28日(土)
 開場 18:30~ / 開演 19:00~
 
■場所 長野市東部文化ホール
 
■料金 一般 2,000円(当日2,500円)
    高校生以下 無料
 
■お問い合わせ・お申込み(※事前お申し込みが必要です)
090-1402-4843 山田雅彦
 
主催:ひまわり甲子園実行委員会
 
 

2016年4月18日

■熊本地震への寄付金の募集について

 
2016年4月14日午後9時26分頃、九州地方を震源とするマグニチュード6.4の地震が発生しました。熊本県益城町では震度7の強い揺れを観測し、その後も大きな余震が続き、甚大な被害が出ています。
 
 
熊本県には全国の里親さんと同じように、プロジェクトを応援してくださっている里親さんがいらっしゃいます。そしてそのご家族、大切な方がたくさんいらっしゃいます。
 
熊本県のこのたびの大きな地震に於きまして
福島ひまわり里親プロジェクトでは寄付金を募集させていただきます。
 
 

※プロジェクトでの寄付金の使い道をご報告させていただきます。
 
1.43拠点ある福島ひまわり里親プロジェクトに実際に関わってくださり福島3・11をご支援いただいた皆様のみに
基本的にご連絡、お届けさせていただいています。
 
2.第一弾で、震度別[遅延の恐れがある場所はお水、スムーズに届く場合はプロジェクトのきっかけになりましたお菓子]
で分けさせていただき、実際のニーズをお聞きするお手紙と一緒にお届けさせていただきました。
 
3.今後里親様のニーズに合わせてそのまま直接現金をお渡しさせていただきます。(ニーズが変化すると思われますので)
 
4.里親様のニーズがない場合は実際に、他県の里親様[医療関係者]が熊本県入りされますのでこちらに直接お渡しさせていただき熊本のニーズのある方に直接お渡しさせていただきます。
 

5.【未来】熊本で、観光やひまわり甲子園で里親様や福島好きの皆様と一緒に温泉ツアーにいけたらと考えています。

 
共感されました方はご協力のほどよろしくお願いします。
 
NPO法人チームふくしま 一同

 
 

熊本県の里親様よりメールをいただきました。ご無事でよかったです。
 

2016/04/21 (木) 16:27
 
Y(の母)です。幸いケガもなく無事で自宅で水道の復旧を待っている状態です(我が家は良いほうです)。
一度、種を購入しただけの私たち家族にまで、心配りしてくださってありがとうございます。
◎問題は、救援物資のマッチングとか 避難所の運営とか 車中生活者の健康とか 色々あるようです。  
東北の方にしていただくことで今後一番助かることは何でしょう・・・正解はわかりません。
東日本の時の経験を生かせる専門スタッフの方の派遣を、段階に応じてしていただくことなのかな?
余震がおさまっていって、水・電気・ガスのライフラインが復旧すると次にすすめるのですが、しばらくは耐えるしかありません。
東北のかたが東日本大震災の時に見せてくださった姿が、既に支えになっているんじゃないかなと思います。
全国からの救援車をみかける度に感謝の気持ちになります。
今日は雨・・・余震もまだまだ・・・被害の広がりが少ないことを願います  
自然災害だけれどやるせない気持ちになりますね。
 
近所の方々や友達と「もうちょっと頑張ろうね」と言い合って乗り切っていきます!

 
【寄付金のお振込み先】
 
■ゆうちょ銀行
  記号18270 番号1345411
 
 ※他金融機関からのお振込み
【店名】八二八(ハチニハチ) 普通 0134541
 
■東邦銀行 西福島支店
 普通 473144
 
「福島から応援する会」

 
 
 
<寄付金に関するお問い合わせ>
http://www.sunflower-fukushima.com/contact
 
 
このたびの熊本県熊本地方での地震によりお亡くなりになられた方々の
ご冥福をお祈りいたします。
被災された方々に心よりお見舞い申し上げます。
 
福島ひまわり里親プロジェクトを通して、できる事。
福島からできる恩返し。
熊本県の皆さまのチカラになれればと考えています。
日本全国のひまわりに込められた思いやりを、熊本へ。
 

IMG_6271

NPO法人チームふくしま
福島ひまわり里親プロジェクト事務局

2016年3月12日

■【映像配信】ひまわり甲子園2016選考会 発表

福島に、ひまわり甲子園においでになれなかった里親様、福島の皆様へ
「ひまわり甲子園2016選考会・全国大会」発表映像を配信させていただきます!

 
 
プロジェクトの活動を楽しく、継続して行う工夫を施した参考になる取り組みばかりです。
各地方、福島県を代表し発表くださった団体の素晴らしい取り組みをぜひご覧くださいませ。
 
>>>選考会・全国大会の御礼&当日の模様
 
 

【予選 発表1中国・四国代表】 晴れの国発!福島ひまわり里親プロジェクト(岡山県)
 

 
 
 

【予選 発表2関西代表】 宇治市立広野中学校(京都府)
 

 
 
 

【予選 発表3九州・沖縄代表】 佐世保市立清水中学校(長崎県)
 

 
 
 

【予選 発表4関西代表】 松阪市立中部中学校(三重県)
 

 
 
 

2016年3月11日

■2016年度 復興花ひまわりの種発売のご案内3.11より

今年もたくさんの応援の声、ありがとうございます!

 
2016年度も、復興花ひまわりの種を3.11より販売させていただきます。
 

全ての商品の製造が、福島県二本松市の障がい者通所施設である

「NPO法人和」の利用者さんのお仕事となっています。

 

①”きずな”の種セット 500円 商品 012 ・きずなの種5g
(50粒程度)
・フラワータグ
・説明書
・振込先案内用紙
②”きずな”の種と絵本のセット 1,200円 ひまわり絵本表紙 ・ひまわり絵本1冊
・きずなの種1g
(10粒程度)
・フラワータグ
・オリジナル封筒
(種送付用)
・説明書
・振込先案内用紙
③ひまわりの種つき
 グリーティングカード
※1セットキャラクター1種類
1,000円 goods ・きずなの種0.5g
(5粒程度)
・グリーティングカード
(1種類)
・オリジナル便箋
・封筒
・説明書
・振込先案内用紙
※数に限りがあります。なくなり次第販売終了。

 

▼ホームページからのお申し込みはこちらから

banner-application

 

▼FAXでのお申し込みはこちらから(pdfデータ)

20150303_zenkoku_mosikomi20150303kennai_mosikomi

 

 

 

 

 

2016年3月1日

■ひまわり甲子園2016全国大会 御礼&当日の模様

12771804_988570347889324_2409956227151422223_o
 
c815b05865a300c4d5d5d6c89dbfa060
 
 
「ひまわり甲子園2016全国大会」もおかげさまで無事に開催させていただくことができ、今年で4回目を迎えることが出来ました。
 福島ひまわり里親プロジェクトに関わってくださるすべての皆様、ひまわり甲子園2016全国大会に関わってくださいましたすべての皆様へ厚く御礼申し上げます。
 
 
今年は、前日に「選考会・分科会」を開催し、各地方4団体の全国大会出場を賭けた熱戦と交流会が行われました。
全国大会では、福島県と全国の交流事例、各地方大会の代表者、前日の選考会から選出された代表者の計8団体が感動の物語を発表。
2日間で全国各地から約600名がご来場くださいました。
 
 

今大会で紡がれた物語は、あの震災があった「せいで」ではなく、あったから「こそ」生まれた未来に残したい物語ばかりでした。そして、この甲子園をきっかけに、全国と福島の”きずな”を深め新たな感動物語の種蒔きにもつながりました。
 
 
2015年度は、全国5ヶ所で「ひまわり甲子園地方大会」が開催され参加者同士の交流が生まれました。ひまわりをきっかけに生まれた新たなネットワークは絆となり、防災への意識をより強く育んでいます。
 
 

小さな小さなひまわりの種は、福島の想いと共に全国へ届けられ、里親の皆様のもとで花を咲かせます。そして、多くの人の手を経て、秋には全国の里親の方達の想いを携えて、再び福島へ戻ってきてくれます。
 
遠く離れた地へ想いを馳せる喜び、遠くから寄せられる想いに触れる喜び、この小さな種は、そんな喜びを教えてくれるかのようです。
 
今年もまた、ひまわりを通じて、皆様と新しい物語を紡いで、そして、福島と全国の皆様とのつながりをより深めていくことができますように。皆様のますますのご活躍をお祈り申し上げ、御礼といたします。
 
 

NPO法人チームふくしま
福島ひまわり里親プロジェクト事務局 一同

 
 
yosen

■20日選考会の様子
 

 
 

zenkoku
 
 
■当日配布パンフレット:ひまわり新聞第9号(PDF)
ひまわり新聞9号 PDF_01
 
 
<発表団体紹介>
ひまわり新聞9号 PDF_02
 
 
<当日スケジュール・式次第>
2016甲子園 式次第2
 
 

■21日全国大会の様子